CULTURE

HEALTH 原因不明の急性の難聴

ストレス世代が知っておきたい「突発性難聴」

突然の難聴は早めの手当てを

2018年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年をとると、耳が聞こえづらいという人が増えてくる。一方、年齢には関係なく、ある日突然、耳が聞こえなくなるのが「突発性難聴」。難聴の特徴やケア法について、耳鼻咽喉科専門医の神尾友信氏に聞いた。

Adviser
耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医
神尾 友信(かみお・とものぶ)氏

神尾記念病院院長。帝京大学医学部卒業。日本医科大学附属病院などを経て、2010年より現職。

 年齢とともに耳の機能が衰えて起こる「加齢性難聴」。50代以降、徐々に聞こえづらさを感じ始め、65歳以降になると、急速に進行する人が増えます。

日経ビジネス2018年7月2日号 98ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ