CULTURE

FOOD.お酒が進む、会話が弾む

一風変わった人気の餃子

もちもちの皮、あふれる肉汁

2017年7月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

餃餃者の「黒胡椒とトマトチーズ焼き餃子」。皮はもちもち、粗びき肉はジューシー(写真=竹井 俊晴)

 暑い夏がやってきた。冷たいビールにぴったりのおつまみといえば、餃子(ギョーザ)だ。

 全国の餃子を食べ歩き、ブログ『東京餃子通信』で情報発信している塚田亮一さんは、「餃子は完全食だ」と言う。小麦粉を使った皮で、肉や魚介類、野菜がたっぷりの「あん」を包む。焼く、ゆでる、揚げるといった調理方法やたれの違いで、アレンジの幅は無限大だ。

日経ビジネス2017年7月24日号 84ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ