CULTURE

SPACE TOUR 民間による宇宙への挑戦

民間チームが挑む月面探査レース

宇宙を舞台に繰り広げる世界各国のチャレンジ

2017年8月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「インドのシリコンバレー」と呼ばれるバンガロール。自動車部品の倉庫だった建物に椅子やテーブルが置かれ、若手の技術者たちがやや緊張した面持ちで席に着く。彼らは「チームインダス」のメンバーだ。年内に小型のローバー(探査車)をロケットで打ち上げ、地球から38万km離れた月の周回軌道に投入する。さらに、月面に着陸させ、月の過酷な環境下で探査を行わせる。彼らはそのすべてを、推定6500万ドルほど(約72億円)でやってのけるという。しかも、ほとんどを民間の投資家から調達する。

チームインダス(インド)。バンガロールでテスト中のローバー。地球の6分の1という月の重力を再現するため、ヘリウム入りの大きな風船が付けられる

 チームインダスが挑むのは、米国のIT企業グーグルがスポンサーとなり、Xプライズ財団が運営する月面探査レース「グーグル・ルナ・Xプライズ」。民間の資金で初めて月面に探査機を送り込み、高解像度の動画と静止画像を地球に送信することがミッションだ。世界の5チームが挑み、一番先にミッションを達成したチームが賞金2000万ドル(約22億円)を手にする。

 探査機を地球から打ち上げ、月面に着陸させ、その地点から500m移動させてデータを収集・送信する。3つ目の課題を成し遂げるため、3チームは車輪が付いた従来型ローバーの改良版を使い、残る2チームは着陸機そのものを使い、500mを走行するのではなく、ぴょんぴょん跳躍して移動する。

日経ビジネス2017年8月28日号 102~103ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ