CULTURE

BOOK 話題の本、注目の本

「土壌に挑んだ」人類史を知る

THIS WEEK'S THEME 建設

2017年10月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人類が土を耕す行為によって自然から食料を得ることを覚えたのは、約1万年も前のことになるのだから、土を耕す方法の模索は、それだけで人類の歴史になり得る。トラクターが登場し、土を耕す環境が一新されたのはこの100年くらいのことにすぎない。それまでの家畜とは異なり糞尿を排出しないトラクターは、「農場内の物質循環を断つ役割」をも果たしてしまった。その結果としてもたらされたのが「化学肥料の増産と大量使用」だった。機械に依存できるようになれば労働者は少なくて済むものの、当然、農作業にいそしむ人口は目減りしていく。

今週の一冊

『トラクターの世界史
人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』

藤原辰史著
860円(中央公論新社)


19世紀末、米国で発明されたトラクター。20世紀以降、その存在が人類にどんな影響を与えたのかを深掘り。

日経ビジネス2017年10月09日号 97ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ