時事深層

INDUSTRY

逆襲のハイブリッド、主役は欧州勢

EVだけが電動化にあらず

2018年1月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

EVに押されて、存在感が薄れていたハイブリッド車が再び注目を浴びている。ホンダが4年ぶりに「インサイト」を復活させるほか、欧州勢が攻勢に出る。簡易で安価な48Vシステムの登場が、ガソリン車の燃費向上をけん引しそうだ。

ホンダが4年ぶりに復活させるハイブリッド車「インサイト」

 EV(電気自動車)が注目を浴びる一方、存在感が薄れている印象が強かったHV(ハイブリッド車)が、最近になって再び勢いを取り戻している。

 1月中旬に米デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーで、ホンダは4年ぶりに復活させるHV「インサイト」のプロトタイプを初公開した。新型は2つのモーターを搭載。EVドライブモードも設定しており、高い燃費効率を実現する。ホンダは同車を2018年夏から米国で発売する予定だ。

日経ビジネス2018年1月29日号 10ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ