時事深層

AI活用最前線(9)

領収書83万枚、自動で仕分け

三菱UFJ信託銀行

2018年1月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

三菱UFJ信託銀行が、顧客から送られてくる領収書の仕分けにAIを使い始めた。教育資金贈与信託に関する年間83万枚をAIが自動で確認し、行員の事務負担を軽くする。収益力の低下により業務改革を迫られる銀行業界で、着実に成果をあげる先行事例といえそうだ。

(写真=アフロ)

 業務量の削減を狙うメガバンクが導入を打ち出すなど、銀行業界でもにわかに注目を集めるAI(人工知能)の活用。そんな中、既に具体的な業務に利用しているのが三菱UFJ信託銀行だ。

 対象は、教育資金贈与信託と呼ばれる金融商品に関する社内業務。同信託は祖父母らが孫などに贈与する資金について、教育目的なら1500万円までが非課税となる。高齢者の金融資産を子育て世代に受け渡す目的で税制が改正され、三菱UFJ信託銀など各行が2013年春、相次ぎ参入した。

日経ビジネス2018年1月29日号 18ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ