時事深層

COMPANY

ソニー、前CEOの“呪縛”にメス

映画事業で1100億円の減損

2017年2月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ソニーの映画事業が1100億円を超える減損を計上し、2017年3月期の業績予想を下方修正した。年平均で400億円もの利益を稼いできたが、環境変化への対応に苦しみ、業績が急降下する。ストリンガー前CEO時代から続く経営体制にようやくメスを入れ、平井社長自らが立て直しを急ぐ。

日経ビジネス2017年2月13日号 14~15ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ