時事深層

INDUSTRY

「偽造品」の裏に薬局の経営難

流通ルートの全容解明

2017年2月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高額なC型肝炎治療薬の偽造品が調剤薬局で見つかった事件の全容がほぼ解明された。直接の原因は、「現金問屋」と呼ばれる卸売業者が複数介在する複雑な流通ルートとされる。その背景には、調剤薬局チェーン全体を悩ませる収益低下の圧力があった。

日経ビジネス2017年2月13日号 16~17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ