時事深層

COMPANY

永守氏後任はGE流改革の達人

日本電産、創業以来初の社長交代

2018年2月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本電産の永守重信会長兼社長CEO(最高経営責任者)が後継者を決めた。新たに社長となる吉本浩之副社長は子会社日本電産トーソクの再建で手腕を発揮。かつて米GE時代に身に付けた改革手法で実績を上げ、カリスマ創業者の評価を得た。

吉本氏(左)は永守氏の後継候補5人から選ばれた(写真=朝日新聞社)

 「この3年は5人に絞り込んで考えてきた」

 1973年の創業以来初めて、社長交代を決めた日本電産。永守重信会長兼社長CEO(最高経営責任者)は発表の直後、本誌にこう明かした。

 自身の後任に選んだ吉本浩之副社長は、子会社の日本電産トーソクを再建した実績を持つが、永守氏の頭には5人の候補がいた。その中から最終的に吉本氏を選んだ理由を「『仕事が趣味』と自ら言うほど、仕事が好きであること。10年は経営を続けられるくらいの若さ。そして実績があることだ」と永守氏は言う。

日経ビジネス2018年2月26日号 11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ