時事深層

INDUSTRY

窮地の三菱重工に恵みの雨か

新型護衛艦の共同建造

2017年3月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

防衛装備庁が2018年度に発注する機動性の高い「新型護衛艦」。量産過程で受注企業だけでなく、次点企業にも作業を割り振る新方式を採用。造船不況で重工各社は疲弊しており、建造分担で生産基盤を維持する。

日経ビジネス2017年3月27日号 20ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ