時事深層

トランプウオッチ

「米国第一」、各方面で不協和音

2017年3月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

これまでトランプ氏が繰り返してきた「米国第一」の方針が、予算案など具体的な「形」となりつつある。その結果、米国内の与野党や関係者、さらに各国首脳や国際機関にも不協和音が広がっている。トヨタ自動車にも改めて米国での工場建設を要請するなど、トランプ氏の姿勢は鮮明になるばかりだ。

日経ビジネス2017年3月27日号 22ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ