時事深層

INDUSTRY

生保値下げも、料金なお不透明

試される加入者重視の姿勢

2018年3月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

長寿化が進んでいるため、この4月に生命保険各社が保険料の値下げへ一斉に動く。契約者への配当も増え、利益還元の姿勢は強まる。その一方で、料金体系には不透明な部分が残る。どこまでが必要コストで、どこからが保険会社の取り分か。さらなる透明化が求められる。

定期死亡保険は2割近い大幅値下げに
●期間10年、保険金額2000万円の月額保険料(日本生命)

 最大24%の値下げ──。業界首位の日本生命保険は、4月から適用される保険料体系で大幅な変更を発表した。下の図にある通り、生命保険の主要な加入者である40~60代の男性の場合、定期死亡保険が新規加入や更新の際に従来比で2割近くの値下げとなる。三井生命保険や富国生命保険も同様に4月から一律で料金を引き下げる。

 背景には、急ピッチの長寿化がある。4月に11年ぶりに改定される「標準生命表」では、40歳男性の場合、今後1年間で死亡する可能性が従来の1000人中1.48人から1.18人に減少する。

日経ビジネス2018年4月2日号 14ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ