時事深層

シリーズ逆転

ファミマ、ローソン牙城で「群生」

【大阪のコンビニ店舗数】地域集中出店で面を押さえる

2017年3月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

長らくローソンが牙城としてきた大阪のコンビニエンスストア店舗数で、ファミマがトップに立った。競合他社の買収効果もあるが、加盟店オーナーに複数の店を出すように説得する作戦が実った。だが全国最大手セブンイレブンもJR西日本との連携で猛追中。競争は熾烈を極める。

日経ビジネス2017年4月3日号 12~13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ