時事深層

POLITICS

中国、対米けん制の切り札に

南北、米朝に先立ち中朝首脳会談

2018年4月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

北朝鮮の金正恩委員長が事前発表なく北京を訪れ、中国の習近平国家主席と会談した。中国にとっては、対中強硬路線を貫くトランプ米大統領をけん制する狙いもある。日本政府には警戒感も広がるが安倍首相は強気。得意の外交で存在感を示したい考えだ。

電撃訪中し、中国の習近平国家主席(右)との会談で関係改善をアピールする北朝鮮の金正恩委員長(写真=共同通信)

 中国は対米国の切り札を手にしたのだろうか──。

 朝鮮半島情勢が目まぐるしく動いている。3月29日、韓国の統一省は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談を4月27日に開くと発表した。これに先立つ3月25~28日、金委員長が中国を非公式訪問し、習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談した。

 事前発表なしの訪中は電撃的だった。中朝首脳が会談するのは約7年ぶり。習氏が国家主席に就いてから、中朝関係は冷え込んでいた。金委員長はナンバー2で親中派の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑したほか、中国で開催する国際会議に合わせミサイルを発射するなど、中国のメンツをつぶすような行動を繰り返してきた。

日経ビジネス2018年4月9日号 14ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ