時事深層

POLITICS

蜜月演出も「通商」に火種

「政熱経冷」の日米首脳会談

2018年4月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

安倍首相はトランプ米大統領との首脳会談で北朝鮮対応をすり合わせ、日米の緊密な連携を演出した。ただ、通商問題では2国間協議で成果を求める米側とTPPへの復帰を促す日本との立場の違いが鮮明に。両国は新たな貿易協議を6月以降に開始する方向。自動車や農畜産品の扱いなどを巡り協議は難航が予想される。

ともに内政で課題を抱え、外交で挽回を図る安倍首相とトランプ大統領(写真=AFP=時事)

 「北朝鮮対応はほぼ満額回答。一方、通商問題はひとまず問題を先送りしただけ。日米関係は『政熱経冷』状態だ」

日経ビジネス2018年4月30日号 10~11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ