時事深層

POLICY

視界不良の新通商政策

米抜きTPP推進の深謀遠慮

2017年4月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

安倍晋三政権が米国を除く11カ国によるTPP発効を目指す方針にかじを切った。2国間交渉に軸足を置く姿勢を鮮明にする米国をけん制しつつ、高水準の貿易・投資ルール作りを主導する狙い。だが、11カ国の思惑には温度差があり、トランプ政権の対日要求はこれからが本番。先行きは視界不良だ。

日経ビジネス2017年5月1日号 14ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ