時事深層

実践! 働き方改革

哲学が促した40年前の対策

ホンダ(6)

2017年4月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

働き方改革の一環で、「勤務間インターバル制度」が注目され始めた。ホンダが取り入れたのは40年前。しかも他社よりも長い12時間だ。部下の長時間残業を上長の責任とする徹底した時間管理は、ホンダ哲学に支えられている。

日経ビジネス2017年5月1日号 16~17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ