時事深層

INDUSTRY

AV家電は「おひとり様」が売れる

期待薄のW杯テレビ商戦

2018年5月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サッカーワールドカップ開幕を1カ月後に控えるが、テレビ商戦は盛り上がりに欠ける。大画面テレビが苦戦する中で、売れているのは個人で楽しむ「ウエアラブルスピーカー」。大型イベントに左右されがちなAV(音響・映像)家電で、ヒットの方程式が変わり始めた。

ソニーの肩乗せスピーカー「SRS-WS1」は人気で注文受け付けを停止(右)。
パナソニックの「プライベート・ビエラ」は小型テレビ市場を開拓(左)

 「今回は爆発的な販売拡大は期待できそうにない」

 6月14日に始まるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。開幕を1カ月後に控えた今は絶好の書き入れ時のはずだが、東京都内にある家電量販店の担当者はテレビ販売の現状を苦笑いしながらこう話す。

日経ビジネス2018年5月14日号 17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ