時事深層

POLICY

猛威を振るった“サイバー兵器”

150カ国で身代金ウイルス被害

2017年5月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米情報機関から漏洩したソフトウエアの「欠陥」が、史上最大級のサイバー攻撃を引き起こした。感染したパソコンを暗号化し、解除料として“身代金”を要求するウイルスが150カ国に広がった。悪意ある攻撃者が強力な武器を手にした一方で、企業の対策は遅々として進まない。

日経ビジネス2017年5月22日号 16ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ