時事深層

トランプウオッチ

FBI長官解任で「ロシアゲート」に

2017年5月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米連邦捜査局(FBI)長官の解任で、トランプ政権に対する批判が強まっている。大統領選へのロシア介入疑惑は第2のウォーターゲート事件に発展するとの見方が広がる。一方、威嚇を続ける北朝鮮は新型ミサイルを発射。就任したばかりの韓国・文大統領の出はなをくじいた。

日経ビジネス2017年5月22日号 22ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ