時事深層

INSIDE STORY

タケダ巨額買収で再編に号砲

難易度高まる創薬、縮小する日本市場……

2018年5月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーを買収することで合意した。激変する製薬業界の中で新薬メーカーとして生き残る覚悟が透ける。特許が切れた医薬品への収益依存度が高い日本勢もいよいよ事業転換を迫られそうだ。

(写真=左:AP/アフロ、右:ロイター/アフロ)

 アイルランドの製薬大手シャイアーを買収することで売上高が3兆円を超える武田薬品工業。売上高で日本の製薬企業初の「世界トップ10入り」を果たす。クリストフ・ウェバー社長CEO(最高経営責任者)は「戦略を加速させ、研究開発型企業としてグローバルリーダーになれる」と力を込める。

 武田がシャイアーに目を付けた理由は、端的に言えば「創薬力の強化」と「市場の拡大」だ。製薬各社はかつて患者数の多い生活習慣病などを対象に莫大な研究開発費を投資してきたが、2010年前後から大型新薬の特許が一斉に切れ、安価な後発薬への置き換えが急速に進んだ。それを機に、創薬の主戦場は希少疾患や根治治療薬のない難病へと移っている。

日経ビジネス2018年5月21日号 10~11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ