時事深層

INDUSTRY

日本ワインも需要増に追いつかず

ウイスキーだけではない酒不足

2018年5月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サントリーホールディングスは原酒が不足している国産ウイスキー「白州12年」と「響17年」の販売を休止する。日本産のブドウを原料に造る日本ワインも、原料不足のため酒類各社の販売拡大にブレーキがかかる。市場縮小が続く酒類業界で、最近人気が高いのは仕込みに時間がかかる酒が多く、メーカーは頭を悩ませている。

サントリーのウイスキー「白州」の貯蔵庫(左)と、メルシャンの国内ワイナリー向けのブドウ農場(右)

 「うちの店の響17年の在庫はあと1本。これがなくなったら、次はいつ仕入れることができるのか」。販売休止の方針を聞き、都内で飲食店を営む男性経営者は心配そうに話した。

日経ビジネス2018年5月28日号 16ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ