時事深層

INSIDE STORY

笑うドイツ勢、泣く日本勢

トランプ米政権、自動車関税25%引き上げか

2018年5月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トランプ米政権が自動車の輸入関税引き上げの検討に入った。最大25%の追加関税を課す案も浮上している。一方、中国政府は7月から自動車の輸入関税を引き下げる。乗用車では25%から15%になる。覇権争いを繰り広げる2大大国による貿易政策の転換。もたらすのは「ドイツ優勢、日本劣勢」という構図だ。

米国のドナルド・トランプ大統領(左)と中国の習近平国家主席で方針が逆に(写真=トランプ氏:Kyodo News/Getty Images)

 「米トランプ政権の自動車関税引き上げが実現したら……うちはマズいことになるでしょうね。トランプさんのことだから、いつ心変わりするかも分からないけれど」

日経ビジネス2018年6月4日号 8~9ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ