時事深層

POLITICS

中国、対米摩擦で「漁夫の利」狙う

二転三転する米朝首脳会談

2018年5月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

電撃的な首脳会談の発表以来、融和モードにあった米朝関係が動いている。挑発を繰り返す北朝鮮に米トランプ大統領は中止を通告しつつも、水面下での駆け引きを続ける。首脳会談の有無に注目が集まる中、これを機に中国は対米通商交渉に使える有力なカードを狙う。

「予測不能」な両首脳の会談は実現するか(写真=ロイター/アフロ)

 「ディール巧者」の面目躍如といったところだろうか。

 米トランプ大統領は5月24日、シンガポールで予定されていた米朝首脳会談の中止を発表した。「今は適切な時期ではない」。非核化の方法を巡って激しい批判を繰り広げる北朝鮮とは、実のある議論はできないと判断したのだろう。

日経ビジネス2018年6月4日号 10ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ