時事深層

INDUSTRY

価格転嫁に身構える産業界

原油相場が乱高下

2018年5月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

原油相場の値動きが不安定だ。5月に米国がイラン核合意からの離脱を表明すると供給不安から価格が上昇。その後、主要産油国が減産幅を縮小するとの観測が広がると急落した。ただ、1年前より4割ほど高い水準には変わりない。原油高をどう吸収するか。産業界は価格転嫁に身構え始めた。

(写真=アフロ)

 原油の国際指標であるニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物相場の値動きが不安定だ。米国がイラン核合意からの離脱と経済制裁再開を表明すると、原油の供給が細るとの懸念から価格は上昇。5月初旬には1バレル70ドルを超え、3年5カ月ぶりの高値を付けた。

日経ビジネス2018年6月4日号 12~13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ