時事深層

COMPANY

スクープ 出光に新たな大株主

香港ファンドが昭シェルへのTOB要求

2018年5月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

出光興産の大株主に、「物言う株主(アクティビスト)」で知られる香港のオアシス・マネジメント・カンパニーが浮上したことが、『日経ビジネス』の取材で明らかになった。昭和シェルに対して、TOB(株式公開買い付け)の実施を要求している。村上世彰氏率いるファンドも出光の株主になっており、名だたるアクティビストが出光に集まってきた。

日経ビジネス2018年6月4日号より

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ