時事深層

COMPANY

官邸、五輪控え「JR革マル」排斥

労組締め付けるJR東、運行妨害は報復か

2018年6月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京五輪を狙ったストを恐れる官邸は、JR東日本の社長を呼び出し、労組に厳しい姿勢で対峙するよう要請した。だが会社側が組合との対決姿勢を強めると、運行妨害が急増。警察は組合を牛耳る「JR革マル」による報復を疑う。数百人に上る管理職に防犯端末を支給し、運転席への監視カメラ設置を検討するなど、社内は厳戒態勢に入った。

首都圏の大動脈を支えるJR東日本では労組への締め付けで組合員が大量脱退した(写真=アフロ)

 2月下旬、首相官邸。東日本旅客鉄道(JR東日本)の冨田哲郎社長(当時、現会長)は神妙な面持ちで政府首脳と相対していた。

日経ビジネス2018年6月25日号 10~11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ