時事深層

INSIDE STORY

民間資金は救世主になれるか

大阪北部地震で露呈した脆弱インフラ

2018年6月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

6月18日朝に大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震。法定耐用年数を超えた水道管が破裂し、多くの家庭で一時断水に追い込まれた。改めて露呈した脆弱インフラ。民間資金を活用した更新対策への期待が高まるが、思惑通りに事は進むのか。

震度6弱を観測した大阪府高槻市では道路が陥没して水道管が破裂した(写真=読売新聞/アフロ)

 6月18日朝に最大震度6弱を観測した大阪北部地震では、強い揺れで大阪府吹田市、高槻市、大東市で水道管が破裂、最大で約3日間、送水が停止した。これらの水道管に共通するのは1962~65年の高度経済成長期に設置されたもので、いずれも法定耐用年数の40年を超えていたということだ。

日経ビジネス2018年7月2日号 8~9ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ