時事深層

COMPANY

パナ、中国が最先端家電の起点に

ネット接続に後ろ向きな日本の消費者

2018年6月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

パナソニックが中国の家電事業を強化し、2020年度に17年度比2倍の売り上げを目指す。日本とは裏腹に、インターネット接続機能を搭載した最先端家電に消費者が飛びつく。家電事業の海外売上高比率を22年度までに6割に高める計画を掲げるが、トレンドの起点は中国になりそうだ。

中国で発売したネット接続できる冷蔵庫(左)と、生活提案拠点(右)

 「今年の売り上げは去年の3倍だ」。中国EC(電子商取引)2位の京東集団(JDドットコム)は6月18日まで、創業記念日恒例の大規模セールを実施した。パナソニックで家電事業を率いるアプライアンス社の本間哲朗社長は翌19日、その「6.18セール」で実施した「パナソニックブランドデー」の結果を満足げに披露した。

日経ビジネス2018年7月2日号 10ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ