時事深層

INDUSTRY

食品大手、中国ビジネス“我慢の限界”

味の素が傘下企業株の売却検討

2018年6月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

苦戦する中国事業の見直しに動く日本の食品大手が相次いでいる。味の素は2006年に買収した調味料メーカーの株式を売却する検討に入った。各社は時間をかけて巨大市場を開拓する戦略だったが、資本効率改善を迫られ、手を着けざるを得ない状況だ。

 味の素が売却を検討するのは中華調味料や冷凍食品を展開するアモイ・フードだ。仏ダノングループの子会社だったが、2006年に味の素が273億円を投じて買収した。当時、味の素が手掛けた海外買収案件としては過去最大規模だった。

日経ビジネス2018年7月2日号 13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ