時事深層

INDUSTRY

携帯業界、“面従腹背”変わるか

公取委、利用者“縛り”を再び問題視

2018年7月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

携帯大手の「4年縛り」のような顧客囲い込みについて、公取委が問題視する報告書をまとめた。6月28日に公開した報告書で大手3社に改善を要請したが、法的拘束力はない。総務省も指摘してきた課題に対し、これまで抜け道を見つけてきた業界は今回、どう対応するのか。

制度や指針の抜け穴を突かれ課題解決が進まず
●政府の主な競争促進策

 「携帯大手は、どうせまた抜け穴を突いてくる」。格安スマホ事業を手掛ける通信会社幹部はあきらめ顔だ。

日経ビジネス2018年7月9日号 15ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ