時事深層

INSIDE STORY

うまい話に乗らない株主

2018 株主総会 アクティビストの勝利わずか

2018年7月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今年も株主総会シーズンがようやく終わった。多くの株主提案が出されたが、通ったのはわずか2社のみだった。日本でなかなか株主提案が通らない理由はどこにあるのか。

武田薬品工業の株主総会では巨額買収に歯止めをかける提案が出された(写真=時事)

 2勝39敗──。6月に株主総会を開いた企業のうち、今年は過去最多の41社で株主提案が総会に持ち込まれた。これはその勝敗結果だ。株主提案が可決されたのはわずか2社。保育所運営大手のJPホールディングス(HD)と洋菓子チェーン「ヒロタ」を運営する21LADYで、ともに取締役人事で現社長が落選し、株主提案の人事が通った。

日経ビジネス2018年7月9日号 8~9ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ