時事深層

トランプウオッチ

キャスターを「整形で出血」と攻撃

2017年7月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

政権に対して批判的なメディアへの攻撃がエスカレートしている。米CNNが誤報を認めたことを追い風とし、今度は米MSNBCの女性キャスターを罵倒した。米国に向かう国際線を対象にした手荷物検査の厳格化は、日本企業にも影響を与えそうだ。

ドナルド・トランプ 米大統領
(写真=UPI/amanaimages)

7/1 @ ツイッター
CNNがフェイク(偽)ニュースでゴミのようなジャーナリズムであることが、ついに世間にさらされて最高の気分だ

6/30 @ 韓国の文在寅大統領との会談(米ホワイトハウス)
米国は多額の貿易赤字を抱え、容認できない。
今まさに韓国と米韓FTAの再交渉を始める
(日本経済新聞)

6/29 @ ツイッター
彼女はフェースリフト(顔のしわやたるみを取る美容整形手術)でひどく出血していた

批判的な報道に対するトランプ大統領の暴走が止まらない。6月29日、MSNBCテレビの女性キャスターを「IQ(知能指数)が低く頭がおかしい」「美容整形で出血」などと発言。キャスターらは、トランプ政権高官にスキャンダルをネタに脅されたことがあると暴露し反撃した。トランプ大統領は、誤報を認め記者ら3人が辞職したCNNについて「ゴミのようなジャーナリズム」と切り捨てた。
6月30日には韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、北朝鮮問題を議論すると同時に、FTA(自由貿易協定)の再交渉を提案した。文大統領は再交渉に慎重な姿勢を見せている。

日経ビジネス2017年7月10日号 18ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ