時事深層

INSIDE STORY

貿易戦争、中国独り負けは本当か

米中の追加関税、ついに発動

2018年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国と中国の貿易摩擦が、「口撃」から実弾での「攻撃」へと変わった。お互いに340億ドル相当もの輸入品に追加関税を発動、堅調だった世界経済がきしみ始めた。トランプ大統領の米国第一主義がここでもまかり通るが、その代償と影響は計り知れない。

米中貿易戦争、各国への影響は?
●貿易が20%減った時のGDP成長率押し下げ試算
注:みずほ総研試算

 「どこかで矛を収めるだろう」。世界中のそんな期待は裏切られた。米中の2大経済大国による貿易戦争が始まった。トランプ米政権は340億ドル(約3.8兆円)相当の中国製品818品目に追加関税を発動。中国も即座に545品目を対象に同規模の報復に踏み切った。

日経ビジネス2018年7月16日号 8~9ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ