時事深層

実践! 働き方改革

「1桁残業」で副業も可能に

プロトラブズ(11)

2017年7月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

月の残業時間がわずか1桁台。空いた時間で趣味に没頭、副業に発展させる社員までいる。そんなワークライフバランスを極める職場を実現したのは試作・製造受託の米プロトラブズの日本法人だ。想定外の残業に追われがちな製造業でありながら、デジタル技術を活用しながら徹底的にムダをそぎ落とす。

毎朝3時間を釣りに費やす西宮悠氏。釣果は家族に振る舞う

 試作・製造受託の米プロトラブズの日本法人(神奈川県座間市)で機械の修理・保全を担当する西宮悠氏の起床時間は、毎日決まって午前2時半だ。その日の天候を確認し、「行ける」と踏めば、家族を起こさないようにそろりと自宅を抜け出す。向かうのは自宅から10分で行ける海岸だ。

 「夜明けまであと3時間はある」。そう思うと、心が躍った。

日経ビジネス2017年7月17日号 16~17ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ