時事深層

COMPANY

トヨタ、カムリの“次”で問われる真価

TNGAを大黒柱のセダンにも適用

2017年7月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

15年連続で米国における乗用車の販売台数1位を獲得し続けてきた中型セダン「カムリ」。トヨタ流の部品共通化(TNGA)をこのサイズで初めて適用するが、焦点はその次の車種だ。ライバルの独フォルクスワーゲンの部品共通化に対して、トヨタならではの強みを発揮できるのか。

TNGAを導入した米国で主力の新型「カムリ」(写真=Bloomberg/Getty Images)

 トヨタ自動車の部品共通化の手法である「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」が、真価を問われるタイミングを迎えている。試金石となるのが10日に発売した中型セダン「カムリ」だ。

 カムリは米国で人気が高い。2016年には米国だけで、カムリのグローバル販売の6割弱に当たる38万9000台を販売した。中型車カンパニー・プレジデントの吉田守孝専務役員は「新型でも米国で月3万台は売りたい」と鼻息が荒い。

日経ビジネス2017年7月24日号 14ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ