時事深層

INDUSTRY

シェアリング、成長市場で撤退続く

メルカリも3サービスを終了

2018年8月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ネットを使ったシェアリングサービスが急拡大する一方で、事業から撤退する企業も目立つ。フリマアプリ最大手のメルカリも、このほど商品の即時買い取りなど3つのサービスを終了させる。参入障壁が低いため企業が乱立してきたが、淘汰も始まり、持続性のある事業モデルを各社が模索し始めた。

メルカリは「インパクトの大きい事業に経営資源を集中する」とする(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 「結局、一度も使うことはありませんでした」。普段メルカリのフリマアプリを使うユーザーは、同社が2017年11月に始めた即時買い取りサービス「メルカリNOW」には手が伸びなかった。同サービスは18年8月20日に終了する予定だ。

2018年8月6日・13日号 13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ