時事深層

COMPANY

見えてきたコスト削減の「天井」

野村HD、純利益9割減

2018年8月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

野村ホールディングスの2018年4~6月期の純利益が9割減った。米中貿易戦争など市場の不安材料が増えたことが要因というが、それだけではない。コスト削減策が裏目に出るケースも目立ち、「内憂外患」の様相を呈し始めている。

ホールセールスが9四半期ぶりに赤字に転落
●野村HDの3セグメント別業績(税引き前利益または損失)

 「2020年までにどんな事業環境でも収益を上げられるようにする」。5月末の投資家向け事業説明会で、野村ホールディングスの森田敏夫共同グループCOO(最高執行責任者)はこう力説した。しかし、今年度最初の決算は、改革の行く末に危うさを覚える結果になった。

2018年8月6日・13日号 11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ