時事深層

COMPANY

ホンダ、200万円の「軽」の皮算用

国内販売の大黒柱を大幅値上げ

2017年9月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ホンダが日本一売れている軽自動車「N-BOX」シリーズをフルモデルチェンジした。先進機能の強化や軽量化で価格帯は上がり、主力小型車「フィット」に迫る水準になった。安さが売り物で、利幅が薄いとされてきた軽の収益性を高め、もうかるクルマにできるのか。

N-BOXを発表したホンダの寺谷公良執行役員

 「上位モデルが200万円以上するなんて、軽もずいぶん高くなったな」。2017年9月1日にホンダが6年ぶりにフルモデルチェンジして発売した軽自動車の「N-BOX」シリーズ。前日の記者会見で、上位モデルの「N-BOX Custom」の4WDが約208万円になると発表されると、メディア各社の自動車担当記者はこうささやきあった。

 N-BOXは日本で一番売れている軽自動車だ。11年末に発売すると、デザイン、広い室内、走行性能などが評価されて瞬く間にヒット。「軽2強」のスズキやダイハツ工業の主力車を押しのけて、市場を席巻した。モデル末期にもかかわらず、17年1~7月の販売台数は前年同期比11%増の約12万台と軽市場で首位を独走。ホンダの国内販売における大黒柱となっている。

日経ビジネス2017年9月11日号 10ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ