時事深層

MARKET

巨大IT企業「お引っ越し」に警戒の声

好調続く米国株に波乱も

2018年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

史上最高値圏での推移が続く米国株式市場で、ある波乱懸念が浮上している。定期的に実施される業種分類の変更対象に、相場のけん引役である巨大IT企業が含まれたからだ。これほど大きな時価総額を持つ銘柄の業種移動は初めて。市場はその影響を測りかねている。

巨大銘柄「FANG」が市場に与える影響は大きい(写真=ロイター/アフロ)

 好調な米経済を背景に活況が続く米国株市場。けん引役は「FANG(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルの頭文字を合わせた造語)」を中心とする巨大IT(情報技術)銘柄だ。S&P500全体の時価総額に占めるFANGの割合は今や約10%。ナスダック指数に至っては2割を超えている。

日経ビジネス2018年9月17日号 16ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ