時事深層

INDUSTRY

新千歳と関空の被災、LCCに痛手

台風、地震で訪日客足止め

2018年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

台風によって滑走路が水没した関西国際空港に続き、大地震が襲った新千歳空港で大きな被害が出た。訪日客の利用が多い両空港の被災を受け、国内外のLCC各社からは悲鳴が上がる。天災リスクにどう対処するか。継続的な訪日客の拡大にさらなる備えは欠かせない。

激しい揺れで天井が崩落した新千歳空港(写真=時事)

 「被災したタイミングがよくなかった」。韓国のLCC(格安航空会社)、ジンエアーの担当者は頭を抱える。同社は、関西国際空港や福岡空港、新千歳空港などと韓国との間で定期便を就航している。「例年、秋夕(旧盆休みに相当)があるこの時期は韓国人訪日客で満席状態が続く。(日本で「敬老の日」「秋分の日」がある9月の)シルバーウイークには日本から韓国への旅行客も増える。そんな書き入れ時での全面欠航や減便は痛い」

日経ビジネス2018年9月17日号 13ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ