時事深層

INDUSTRY

知名度では売れず、定番品に逆風

チョコフレークも生産終了

2018年10月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

森永製菓が1967年に発売したロングセラー商品「チョコフレーク」の生産を来年夏までに終了すると発表した。明治がスナック菓子「カール」の東日本での販売を昨年終了し、ロングセラー商品が相次いで姿を消す。消費者の嗜好の変化やIoTによる売り場作りなどで定番品に逆風が吹いており、好転する兆しはない。

明治の「カール」や森永製菓の「チョコフレーク」など長寿商品の販売状況は厳しい(写真=左:時事)

日経ビジネス2018年10月15日号 18ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ