時事深層

COMPANY

ユニクロの真価試す米国市場

ファーストリテイリングが最高益更新

2017年10月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ユニクロ」を傘下に持つファーストリテイリングの2017年8月期は、2期ぶりに過去最高益を更新した。けん引役は中国・アジア事業。好調が続く18年8月期は海外の売り上げが国内を逆転する見通しだ。次の焦点は、ネット企業の伸長などで経営環境が激変する米国市場の攻略だ。

足元で好調なのは中国事業(上)だが、世界戦略のカギを握るのは赤字が続く米国事業(下)だ

 「(中期目標の)売上高3兆円は近年中に確実にいくと思う」。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、12日に開いた決算会見でそう強調した。

 2017年8月期の売上高は前の期比4.2%増の1兆8619億円、純利益は同148.2%増の1192億円。ともに過去最高を更新した。けん引役となったのは中国と東南アジアでの事業拡大だ。年間100店を超えるペースで出店したのが奏功した。特に好調な中国では、現在3500億円程度の売り上げを、今後5年で1兆円まで引き上げる方針だ。

日経ビジネス2017年10月23日号 11ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ