時事深層

COMPANY

IoTの“手本” GEの見えない針路

16年ぶりにトップが交代

2017年10月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

産業機器のIoT化で先頭を走り、日本勢の手本だった米ゼネラル・エレクトリック(GE)の経営が揺らいでいる。業績と株価が低迷する中、16年ぶりに交代した新トップは、リストラに踏み込む方向性を打ち出した。IoTの盟主の座を守るには、GE自身がデジタル戦略で稼ぐことで実力を証明しなければならない。

16年ぶりのCEO交代でGEのトップになったジョン・フラナリー氏

 「GEと顧客企業の関係は何も変わらない。今後も産業機器のデジタル化に力を注いでいく」。10月中旬、来日した米ゼネラル・エレクトリック(GE)のデジタル部門のCEO(最高経営責任者)、ビル・ルー氏は複数の日本企業の幹部に会い、こう強調した。

 産業機器が生み出す膨大なデータを解析し、故障を未然に防止するなどして運用効率を高めるIoT(モノのインターネット)の領域で、GEはトップランナーとして脚光を浴びてきた。その戦略を指揮するルー氏がなぜ、分かりきった説明を繰り返すのか。

日経ビジネス2017年10月30日号 18ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ