時事深層

INDUSTRY

メルカリ人気、格安衣料が失速

海外ブランド、相次ぐ縮小・撤退

2018年10月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2009年ごろからブームを巻き起こしたファストファッションブランドがかつての勢いを失っている。海外メーカーが流行を取り入れた洋服を低価格で販売して人気を博したが、事業の縮小や撤退が相次ぐ。「メルカリ」による中古市場の活況や「ゾゾタウン」でライバルのブランドが次々に誕生していることが背景にある。

長蛇の列ができていたが、今は閉鎖した「フォーエバー21」の店舗(写真=Fujifotos/アフロ)

 40カ国以上に店舗を持つ英アパレルブランド「next」が今秋、日本国内の店舗で婦人服、紳士服の販売を休止する。今後は子供服に商品を絞る。日本ではスポーツ専門店のゼビオが1996年に業務提携をして手ごろな価格のカジュアル衣料が人気となった。一時は15店舗ほどに広げたが、現在は12店舗。「海外の衣料品をそのまま日本に持ち込み、販売するのは難しかった」(ゼビオ広報)という。

 nextだけではない。かつて一世を風靡したファストファッションと呼ぶブランドが岐路に立たされている。2009年に米西海岸から進出した「フォーエバー21」は最盛期に25店ほどを展開したが、9店舗が閉鎖した。17年には米ギャップの「オールドネイビー」が撤退している。流行を押さえた商品を低価格で提供する形態で消費者をとらえたが、勢いを失った。「ファストファッションがターゲットとする若い人が服にお金をかけなくなった」と小売業界に詳しいフロンティア・マネジメントの山手剛人シニア・アナリストは言う。

日経ビジネス2018年11月5日号 16ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ