時事深層

POLICY

洋上風力、本格普及への追い風

新法成立、先行事業者には不安も

2018年12月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

沖合に複数の大型風車を設置する「洋上風力発電」が日本でも本格化しそうだ。一般海域の利用ルールを定めた新法が11月30日に成立し、政府が参入を促す。事業リスクは軽減するが、法整備前から計画してきた事業者には一抹の不安もある。

新法成立で開発が加速する
●洋上風力発電の開発計画
注:黄色い風車は環境アセスメント中の一般海域での計画。白の風車は建設準備中も含む港湾内での計画

 11月30日、参議院本会議で「海洋再生可能エネルギー発電利用促進法」が成立した。洋上風力発電での一般海域の利用ルールを整備し、来春をめどに施行される。国が5カ所の海域を「促進区域」に指定。最長30年間にわたり、海域を発電用に占有できるようになる。

 大型風車を海上に複数設置する洋上風力発電は、発電効率がよく、欧州では再生エネの主力と位置づけられている。騒音問題が少なく大型化しやすいうえ、陸上と比べて強い風が安定的に吹くからだ。水深の浅い海が広がり北海油田の掘削技術を転用できた欧州では、2000年ごろから普及。既に日本のすべての風力発電の4倍以上に当たる1600万kW(キロワット)の発電所が稼働している。

日経ビジネス2018年12月10日号 14ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「洋上風力、本格普及への追い風」の著者

庄司 容子

庄司 容子(しょうじ・ようこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社に入社し、社会部、横浜支局を経て企業報道部へ。化学、医療、精密業界、環境などを担当。2017年4月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ