特集 世界で勝つ! ロビー活動

PART 1

トランプ発、ワシントンの激震

ロビー大国アメリカの憂鬱

2018年1月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロビー活動といえば、アメリカ。その中心であるワシントンのロビー業界に異変が起きている。震源は世界秩序の破壊者、トランプ大統領。ロビー街に広がる波紋は、日本企業をも巻き込みつつある。

(写真=Joe Raedle/Getty Images)
貿易摩擦で気を吐いた日本も今は影が薄い
●日米関係の変遷とロビー活動

 ワシントンDCの北部、東西を貫く目抜き通り「Kストリート」の周辺は、たたき上げのロビイストが所属するロビー事務所や業界団体などがひしめく「ロビイストのるつぼ」だ。

 ホワイトハウスは、このKストリートからわずか3ブロック南に位置する。ドナルド・トランプ大統領が誕生して今月で丸1年。Kストリートの住民たちにとって新大統領は、いまだ「謎多き」存在だ。

日経ビジネス2018年1月29日号 24~29ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 世界で勝つ! ロビー活動」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ