特集 幸せ100歳達成法

PROLOGUE

2100年 日本はこうなる

人口・暮らし・社会を大胆予想

2018年2月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「人生100年」時代、日本は果たしてどのような姿になっているのか。火葬場の不足、ゴーストタウン化する街……、少子高齢化による災厄を指摘する声はある。だが、課題を克服できれば悪い話ばかりではない。考えられる「未来予想図」を見てみよう。

人口減による様々な課題に直面
急激なスピードで人が減る
●日本の人口推移と予想される出来事
注:グラフは『未来の年表』(講談社)を基に編集部作成
(イラスト=本田 佳世)

 「人生100年」が実現すると社会はどう変わるのか。

 まず100歳まで生きられる人の割合がどこまで増えるか見てみよう。厚生労働省がまとめた平成28年簡易生命表によれば、2016年に生まれた子供たちが後期高齢者の75歳まで生きる確率は男性75.1%、女性87.8%。90歳まで生きる確率は男性25.6%、女性49.9%だった。医学の進歩は続いているので、今後、100歳近くまで生きる人の割合はさらに上昇するとみられる。

 国民年金法が制定された1959年、90歳まで生きる日本人の割合は男女共に数%だった。第2次世界大戦後、世界有数の豊かな生活水準と高度な医療技術を持つようになった日本にとって、長寿は幸福のシンボルと捉えることもできる。

 しかし、長寿命化と並行して急速な少子化が進んだことで、社会は様々な難題に直面すると予想されている。人生100年時代の到来を語る前に、今の子供たちが寿命を迎えるであろう2100年ごろまでに起きるとみられることを整理すると次のようになる。

日経ビジネス2018年2月5日号 22~25ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 幸せ100歳達成法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ