特集 行きたい大学がない

PART1

死にゆく大学 空洞化の衝撃

資金不足、教職員不足、学生不足

2017年2月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

河合塾やベネッセなどの受験産業の企業に、大学が業務を委託する例が増えている。大学の根幹にかかわる業務に及ぶケースもあり、大学の「空洞化」を懸念する声が漏れる。そこには資金と人材不足に苦しむ大学と、利権を手放さない文部行政など、根深い闇がある。

日経ビジネス2017年2月20日号 26~29ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 行きたい大学がない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ