特集 JR 思考停止経営からの決別

斜陽産業にはさせない

JR入社世代が語る未来

2017年3月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1987年、国鉄の分割民営化でJR各社が誕生して以降、採用された人材が50歳を超え、経営の中枢を担い始めた。相次ぎ取締役や執行役員に就任した彼ら「JR生え抜き組」が描く各社、そしてJRグループの未来とは。

日経ビジネス2017年3月6日号 36~37ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 JR 思考停止経営からの決別」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ